7月14日 某少額短期保険会社社内研修で後見人相談士研修実施

いま保険会社には、お客様が事故に遭ってから、あるいは亡くなってからの関わりにとどめず、
お客様が認知症になる前、認知症になってから、亡くなってからのことを上手に繋げる、
シニアライフを軸にしたサービスが求められています。
高齢社会においてお客様の”万が一”をしっかりサポートするために、営業マンには後見の知識が
必要とされており、いくつかの保険会社の社内研修に「後見人相談士研修」が採用されています。

後見の杜では、事業スタイルとニーズに沿って、個別に企画・提案をさせていただきます。

この記事を書いた人

miyauchikoji78@